持っておいて損はありませんDID地区+目視外飛行で使えるマニュアル

承認申請が簡単になったのご存知ですか?

国交省への承認申請。2018年4月から電子申請が簡単になりました。基本、質問に答えて必要事項を記入していくだけ。。ですが、必ず申請の必要なのが飛行マニュアル。これは手続きは簡素化されたとは提出が必須です。

飛行マニュアルにも種類があるんです。

簡単になったとはいえ、以前と変わらず添付等が必要なのが飛行マニュアルです。期間や場所を特定した申請の場合は「標準マニュアル1」。期間や場所を特定しない”包括申請”の場合は「標準マニュアル2」を使います。

この二つのマニュアルを使う場合は、どのマニュアルを使うかを選ぶだけでOKです。つまり添付は必要ありません。

人口集中地区には?

ですが、人口集中地区(DID地区)+目視外飛行の申請をする場合は、これらの標準マニュアルでは対応していません。その場合、オリジナルのマニュアルが必要になります。

例えば、「DID地区の住宅の屋根上を”実質”目視外飛行で空撮」という場合などです。意図せず目視外になるとしても、目視外飛行には変わりありません。屋根上のドローンを常に目視に収める必要があります。という事は、高い場所に操縦者が上がってドローンが見える位置で操縦することになります。それならドローンを使うメリットが半減ですよね?

私がDID地区+目視外飛行の申請時に使って提出したマニュアルプレゼントします

そんな時に使えるのが、今回プレゼントするマニュアルです!

実際に申請に使って国交省へ受理されたマニュアルのサンプル。ダウンロードご希望の方は下記フォームにご記入ください。

《このマニュアルを手にするメリット》
・社名と申請社名を入れるだけでオリジナルマニュアルとして使用できます
・目視外+人口集中地区での飛行に必要な文言がすでに記入ずみですのですぐに使えます
・まだ承認申請をしていないのであれば閲覧するだけで、国交省が求めている知識・技術の基準がわかります
・ドローンの操縦技術向上のための練習環境や体制の基準がわかります
・ドローン飛行の際にどんな人員配置や体制を整える必要があるかわかります

ドローンスクールがあなたに必要か否か知りたい方はコチラのストーリーを

ドローンライセンスを持っているドローンライセンスを持っていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加