ドローンコラム

ドローンを本当に活用するための5つの極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンを趣味に仕事に活用するために知っておきたい5つの極意をまとめました。これを知っているかいないかでドローンの活用の幅が大きく変わります。

最新ドローンを使いこなす極意を紹介

ドローンの性能を活かすには。そのヒントとなる5つのポイントをまとめました。その極意とは?

1 ドローンの性能を知る
2 ドローンの機能を知る
3 法律を知る
4 気象を知る
5 アプリの機能を知る

この5つについて知識があるとなしでは、ドローン活用に大きな影響があります。

ポイント1  ドローンの性能を知る

ドローンは空を飛ぶものです(笑)。そんなのわかってますよね。ですが、これを知った上で接するかどうかがとても大切です。

空を飛ぶということは、「墜ちる」ものだということ。揚力がなくなれば重力には勝てません。つまり、「墜とさないために」ドローンの性能を知って欲しいワケです。

ドローン空撮・業務に使うなら知っておきたい性能

・最高速度
・離陸速度
・着陸速度
・最大風圧抵抗
・飛行時間
・動作環境温度
・ホバリング性能

あなたは自分の使っているドローンでこれらの数値全部言えますか? 空を飛んでいるドローンが自分の手足にするために知っておいたほうがいいですよ。

なぜかというと・・・・

風が吹いているときに、自分のドローンの速度を知っているかどうかで対処方法が違います。
気温によってドローンの性能に影響があるかを知っているかいないかで判断や準備が変わってきます。

センサーオンの時のホバリング性能と、センサーオフの時のホバリング性能を知っているかないかで必要な操作技術の水準が違います。

例えば、DJIファントム4プロの最高速度は
センサーフルオン状態のPモードで50km/h。最速モードのSモードで72km/h。ということは、Pモードでは13.8m/s。Sモードは20m/sです。

この数値を踏まえた上で外的要因の風について考えてみてください。

地上風速3m/s。上空100mで風速8m/sとすると。Pモードでは5.8m/sが最大速度になります。そうするとドローンがいた場合、離陸地点の上空に戻るまで約3分。下降速度はpモードで最大3m/sなので約30秒。マージンを考えて4分かかるワケです。バッテリー残量が15%だと途中で墜ちる可能性があるレベルです。

これらのデータを知っているかどうかで、飛ばし方が変わると思いませんか?

ぜひ、あなたの持っているドローンの数値データ。知ってください。それがあなたがドローンを安全に飛ばせる大切なポイントの一つです。

ポイント2 ドローンの機能を知る

ここでいう機能は、フライトモードです。ドローンには半自動制御のフライトモードがあります。DJI製ドローンのフライトモードの事例をいくつかご紹介します

《DJIドローンの主なフライトモード》
・アクティブトラック
カンタンに言えば自動追尾機能です。設定した被写体を追尾・併行追尾などが可能。
スポーツシーンなどに使える機能です。
・ポイントオブインタレスト
設定した被写体を中心として設定した半径・速度で飛行する機能。
建物や建造物の周りをほぼ完全な円を描いて撮影できます。
・フォローミー
送信機が移動した時に一定の距離を保って送信機を追尾します。
遠距離から車などを追尾するのに使える機能です
・ウェイポイント
設定した飛行ポイントを経由して飛行する機能。広いエリアの記録動画や写真撮影に使える機能です。
・コースロック
機体がどの向きでも送信機の操作通りに動きます。被写体を併行して撮影する時には本当に使える機能です。

これらは「プロ並みの空撮をカンタン」にしてくれます。私自身も空撮の時に時間あれば、どれも使う機能です。実際、マニュアル操作とは違う味があります。ですが、ドローン空撮の仕事はOKカットを多くクライアントに提供する仕事です。マニュアル飛行が良い場合もありますし、滑らかなインテリジェントフライトモードも使える場合もあります。

実際、ポイントオブインタレストなどはカメラのジンバル操作に集中できるのでバリエーションとして使えます。

これらのモードの特徴や、どんな時に使えるかを理解しておくと撮影の手持ちカードが多彩になります。これらのモードが有効なシチュエーションではクライアントの要望に応える仕事ができるようになります。

ポイント3 法律を知る

ドローンに関連する法律といえば「航空法」。ですがそれだけではありません。

・民法
・電波法
・刑法
・産廃法
・外為法
・道路交通法
・地方自治体条例 など。

関係省庁は

・国土交通省
・農林水産省
・経済産業省
・環境省
・防衛省
・内閣府 など

法律だけでなく飛ばす状況に応じて、関係省庁に許可なども必要になってきます。

どんな関連があるかはここでは説明しません。ですが、航空法だけ守っていればドローンを飛ばせるわけではありません。そしてそれぞれの関連を知ることで、知らず知らずのうちに「法律違反」をせずに済みます。

また言葉を変えるなら、なぜ上記に挙げた法律を知らないと「法律違反」を知らず知らずにしてしまう可能性があります。正しい線引き、基準を調べてドローンを飛ばしたり、飛行計画を立てることが必要になってきます。

もちろん、特に細かい規定のある航空法については正しい知識が必要です。私が校長や講師を務めるドローンスクールの生徒さんに聞いても正しい知識をすでに持っていた人は誰もいませんでした。

全員が正しい判断基準を持ち合わせていなかったと言っても過言ではありません。法律についてはぜひ体系的に全体を俯瞰して学ぶことをオススメします。

ポイント4 気象を知る

冒頭でドローンは「墜ちる」と話しました。その大きな要因となるのが気象です。

特に最大の敵は「風」。”風が強い日には飛ばさない方がいい”。これは当たり前ですよね(笑)。でも”風がない日の危険”については知っていますか?

実は風がない時にも「墜ちる」ことがあるんです。この辺りの経験は「知識」+「経験者からの話」が最強です。ぜひあなたの周りで沢山の経験を探している方から聞いてください。

ですが、風がなければ安全だよ。という方がいたら、その人は偽物かも?

ポイント5 アプリの機能を知る

私が仕事に使っているDJI製ドローンは「DJI GOまたはDJI GO4」というアプリを使って操縦します。このアプリがなかったらDJIドローンの性能は10%以下になると言っても過言ではないですよ。

設定できる機能。飛行中にモニタできる項目は半端ありません。

《設定できる主な機能》
・離陸ポイントからの距離
・最大高度
・各種センサのオンオフ
・カメラの露出設定
・写真解像度関連設定
・動画解像度関連設定
・RTH(リターン・トゥ・ホーム)自動帰還機能各種設定 etc…

《飛行中にモニタできる項目》
・バッテリー残量
・飛行可能時間
・離陸ポイントからの距離
・高度
・飛行速度
・上昇・下降速度
・GPS情報
・センサー作動状態
・電波干渉レベル
・風が強い場合に警告 etc….

正直、これらの設定やモニタ項目が情報としてなかったら仕事ではドローンは使えません。つまりこれらの機能があるからこそDJIのドローンは仕事に使えます。その証拠にDJIドローンは国交省の承認申請の際に飛行性能についての資料を省略できます。

持っている性能をフルに発揮して仕事を効率よくこなしたいなら。する必要のない失敗を避けたいなら。クオリティの高い動画や写真を取りたいなら。そして何より安全に飛ばしたいなら、この情報や設定を有効活用することです。

この辺りはメカ好きの私はお手の物。例えばあなたがすでにドローンを仕事で使っていて、難なく飛ばしてきたとしても、あなたが知らないことを私が知っているかもしれません。

また逆にあなたが知っていることを私が知らないかもしれません。ですが、メカオタクと自負する私の所感はきっと参考になると思います。

500回以上の北海道各地で飛ばしてきた経験から学んだことも沢山あります。検証も兼ねてほぼ全ての設定を試してきたので知っていることがあります。

もし少しでも興味があるのであれば、私が講師をしているドローンスクールや体験会にぜひいらして下さい。
(JUIDA認定スクール、初心者向けの基礎スクール、無料体験会、各種セミナーを開催しています。詳細はまた別の記事で)

まとめ

さて、ざーっくり説明しました。一つ一つのポイントを詳しく説明しようと思えば、それぞれ1時間以上話せるぐらいお伝えできることがあります。

これらのことを知らないで飛ばすよりも知っていて飛ばした方が失敗は少なくなります。対処できるカードがあるということは効率よく、クオリティの高い飛行ができます。

またどれも自分で試し、考え結果を検証するには時間のかかるものが多いです。「する必要のない失敗」つまり「トライ・アンド・エラー」をするのも良いですが、ショートカットしてスキルと知識をあげるのは悪いことではないですよね?

これらの5つのポイントについて業務に耐えうる知識や基準を身に付けることで、ドローンを本当に活用できるようになります。なぜかって? これらの知識やスキルを知っている私がドローンプロパイロットをやっていますし、日本最大のドローンライセンス発行数を誇るJUIDA認定講師をしているからです。

そして、私はまだまだ知識と経験を積んでさらに深いスキルを身につけて行こうと思っています。ぜひ、どこかであなたとお会いして「ドローン談義」してみたいと思います。私より深い経験をしている方と話してみたいです。また私の知っていることであなたのお役に立てるならお役に立ちたい。そう思います。

(JUIDA認定講師 Happydrone)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*