コミュニケーション

2018年4月から国交省の申請が簡単になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国交省への承認申請。2018年4月から電子申請が簡単になりました。基本、質問に答えて必要事項を記入していくだけ。。申請を実際にしてみましたが、以前とは比べ物にならないほどカンタンになっています。

国交省の承認申請はこうする。。

承認申請のステップを紹介します。

STEP0 専用ID取得

ドローン飛行申請サイトDIPSへアクセスし、まずはIDを取得します。申請者の氏名・住所・メールアドレスなどを入力

STEP1 申請するドローンを登録する

ドローンの機種。型番、写真などを登録します。これを事前に入れておかないと申請できませんのでしっかりと記入してください。

 

STEP2 飛行させる操縦者を登録する

承認申請は法人で申請しても個人にひも付きます。ですので個人情報を記入します。ここには飛行経歴等も入力。

STEP3 申請フォームにしたがって入力

質問に答えるだけのカンタン申請ができるようになりました。以前に比べると本当にカンタン。申請時間もあっという間です。

STEP4 航空局とやりとりして修正

申請フォームを送信すると航空局担当官から修正等の連絡がきます。登録したメルアドに修正の指示が来るので指示通り修正していけばOK。難しい事はありません。

STEP5 申請許可書を手に入れる

審査完了の通知メールを受け取ると、許可書をダウンロードできるようになります。

まとめ

本当にカンタンになりました。が、ちょっと手間なのが飛行マニュアルです。

申請条件によって提出するマニュアルが異なります。この飛行マニュアルは申請後、ドローンを飛行させる場合は携行が義務付けられています。飛行計画や飛行練習に関連する基準を明記したもの。

期間・飛行地域限定の場合は 標準マニュアル1
期間・飛行地域限定しない場合は 標準マニュアル2 を使います。

この二つは国交省のページからダウンロードできます。ダウンロード先はこちら
このページのダウンロードリンクから入手できます。

が、人口集中地域で目視外飛行をする場合は、これらのマニュアルでは申請できません。そのためにはオリジナルのマニュアルを用意する必要があります。

そこで、実際に私が申請して、国交省に受理されたマニュアルをプレゼントします! ご希望の方は画面下のボタンをクリック!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人口集中地区+目視外飛行でも使えるドローン飛行マニュアルプレゼント

簡単になった承認申請ですが飛行マニュアルだけは提出等が求められます。

ですが、実は人口集中地区(DID地区)+目視外飛行をする時にはオリジナルマニュアル必須。

これがないと申請通りません。

実際に申請に使って国交省へ受理されたマニュアルのサンプルです。

 

マニュアルをダウンロードお申し込み

コメントを残す

*