DJI

Phantom4。間違いないマイクロSDカード選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJIファントム4は4K動画の撮影が可能です。

いままでSDカードは容量とそこそこの速さだけで
選んできましたが
ファントム4で空撮するための
マイクロSDカード選びの体験をシェアします!

ファントム4でのマイクロSDカード選びには
2つの注意点があります!

1 SDHCの最低32GBを選ぶ。できればSDXC 64GBがベスト
32GBの4K動画の撮影目安は30分から40分程度なので
長時間の撮影をするなら64GBがおススメです
2 最低UHS-I UHSスピードクラス3で書き込み60MB/s
できればUHS-Ⅱのスピードクラス3を選ぶべし!
UHS-Ⅱ対応であればほぼ間違いなくPhantom4Proでも使えます!

さらに詳しく調べてみました!

DJIファントム4間違いないマイクロSDカード選び

ファントム3スタンダードとファントム4
対応マイクロSDカードのスペックは同じです。

対応SDカード:
クラス10またはUHS-1レーティング必須(容量64GBまで)

ファントム4の最大ビデオビットレート60Mbpsに対し
ファントム3スタンダードは40Mbps。

ファントム3の時にはカード選びはそれほど気にせず
SDスピードクラスのクラス4を使っていましたが
全く問題なく2.7Kでの撮影ができていました(笑)

ファントム4で空撮するために購入したのが
「TOSHIBA EXCERIA」UHS-Ⅰスピードクラス3の32GBです。

インターフェース SDインターフェース規格準処 UHS-Ⅰ
スピードクラス UHSスピードクラス3
最大転送速度読出し 95MB/s
最大転送速度書き込み 60MB/s

きっと十分だろうと思って某大手電機量販店で購入。

いちおう、ファントム4の最大ビデオビットレートが60Mbpsを
確認し、ギリギリだけど。。と思いつつ。

ところが、いざ使ってみると!!

「保存スピードが遅いので4K撮影に適していません」のメッセージが!?

とはいえ、動画自体は問題なく記録されていました。

スペック的には問題なかったので
大丈夫だったものと思われます。

でも、「4K撮影に適していません」
なんて警告が出ているのに撮影したくありませんよね?

そこで、安心てファントム4で4K撮影ができる
マイクロSD選びを考察します!

1 容量は最低32GB。予算が許すなら64GBを!

4K動画ともなるとファイルサイズは半端ないです(笑)

●4K動画撮影時間目安

容量 時間(分)
16GB 19
32GB 39
64GB 78

※参考データ:TOSHIBAホームページ

実際に32GBのカードを入れて撮影可能時間をチェックしてみました。


ファントム4にデータなし32GBマイクロSDカードを
つないだところ、撮影時間は1時間9分!

単純計算で16GBなら約30分

コンディションの良い中では
20分以上の飛行&空撮ができるファントム4
そうなると
最低でも32GBはあれば
3パックの撮影ができるというわけですね!

2 対応スピードはUHS-Ⅰのスピードクラス3を!

ファントム4の最大ビデオビットレートは
先述のように60Mbpsです。

なので、最低限書き込み速度が60Mbpsのカードを選ぶ必要があります。

が、先にご紹介したように
UHS-Ⅰスピードクラス3の条件を満たし
最高速度とはいえ60Mbps対応のカードを使って
先述したように「警告」が出たわけです。

ということは
UPS-Ⅰスピードクラス3は必須なのはもとより
将来的なキャパを考えると
120MBps程度の速度対応の
カードを選んだ方がよさそうです。

そうすると、Phantom4Proの100Mbpsにも
対応できるのではないかと(笑)

ところがです。

UHS-Iのスピードクラス3では
書き込み速度は90Mbpsがほぼ最高スペックです。

ファントム4であれば
これで十分でしょう。

とはいえ、UHS-Ⅰの中で、おススメのカードはこちら!

メーカー/商品名 アマゾン価格(円) 最大書込み速度(1秒当たり) 備考
SanDisk Extreme PRO32GB 2,980 90MB 並行輸入品もあり
Transcend Ultimate 633× 32GB 3,680 85MB 無期限保証付き
シリコンパワーSuperior PRO 32GB

2,780

80MB 永久保証

32GBでファントム4に使えるのは、この3つだけですね!

では、もっと速いUHS-Ⅱでスピードクラス3のおススメは!

メーカー/商品名 アマゾン価格(円) 最大書込み速度(1秒当たり) 備考
TOSHIBA EXCERIA PRO 12,000 150MB UHS-Ⅱ対応機器使用時UHS-I機器では95MB/S
Lexar Professional 1800x 32GB 4,476 245MB

Lexarのコスパすごいですね!
Phantom4Proは
UHS-Ⅰレーティングのみ対応らしいですが
最大ビデオビットレートの100Mbps/sでも
対応出来そうです。

もちろん、Phantom4の60Mbpsは問題なしです!

LexarのHPを見ると、Phantom3らしき画像もあり
ドローンへの使用も考えられた製品ですね。

DJIファントム4間違いないマイクロSDカード選びまとめ

というわけで
ファントム4におススメナンバー1の
マイクロSDカードは
SanDisk ExtreaamPROです!

64GBタイプでも4,699円(2017年2月アマゾン価格)と
リーズナブルです。

ベスト2は
Lexar professional 1800xですね!

SanDiskよりも価格は高くとも
UHS-Ⅱ対応で転送速度に余力があります。
また将来的にDJI側のアップデートで
UHS-Ⅱ対応になったときにも使えますよ!

ベスト3は
ファントム4使用という限定ですが
シリコンパワーSuperior PROです。
64GBタイプでも4,780円とお買い得!
コスパでいえば32GBはナンバー1です。

特別賞は
TOSHIBA EXCERIA PRO。

はっきり言って高いですが
応援の意味も込め
セレクトしました!

Phantom4の持てるスペックを
最大限に活かすために
マイクロSDカード選びに
こだわりを!

2017年3月6日追記
TrancscendのUltimate 633x 32GBが
手に入ったので使ってみました。

書込み85MBなので警告は当然出ませんでした。

やはりSDカードのスペックは余裕があった方が
良いですね。安心して使えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*