5.8GHz帯

ドローンを飛ばすなら知っておきたい2つの免許

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【この記事でわかることは!?】

ドローンを飛ばすのに、「免許いるんでしょ?」
よく聞かれます。

飛ばすだけなら免許はいりませんが、
使い方によっては免許が必要です。

コレを知らないと、気付いたら罰金!? なんてことも!
ドローンを楽しむための2つの免許について解説しています!

ドローンをとことん楽しむために、活用するために知っておきたい2つの免許

ある条件でドローンを飛ばす場合、資格が必要だって知っていました!?
1つは
●第4級アマチュア無線技士
ふたつめは
●第三級陸上特殊無線技士、通称3陸特

このふたつの免許の詳細を知らないで、電波法に抵触する行為をした場合
最大で5年以下の懲役、250万円以下の罰金に課せられることも!

そこで、詳しく、ドローンと関連するこの免許について解説していきます。

FPVやりたいなら、第4級アマチュア無線技士

FPV、すなわちファーストパーソンビュー。
このFPVを使ってドローンを飛ばすには「第4級アマチュア無線技士」は必須です。
FPVは送信機とはことなる通信によって、
ドローンのカメラの映像を操縦者がみながら操縦する技術であり方法です。

FPVのメリット

1 パイロット体験
話題のドローンレースはFPVを使っています。
ゴーグルモニターを装着し、自分のドローンを操りレースをするわけです。

スマホやタブレットにドローンのカメラ映像を映し出して操作をするのもFPV。
とはいえ、そこに広がる映像は、まさにパイロットが空から見下ろす映像ですので
非日常の世界を体験できます。

このFPVを使うことでドローンの楽しみは何倍にもなります。
レース中のFPVの映像は、さながらスターウォーズの世界ですし、
まさにパイロットになった気分でドローンを操ることができます。

2 目視外の距離でも飛行ができる

FPVはゴーグルやスマホ、タブレットなどのモニター映像でドローンを操作する。
ということはお伝えしました。
この機能を使うことで、ドローンが見えなくても、
カメラに映し出された映像をもとに操作をすることができます。

これは、趣味としての空撮はもちろんのこと、
テレビ等でもよく見かけますが、災害時の被害状況調査などに活用されています。

このFPV機能はリアルタイムで映像を見ながら操作できるため
臨機応変な調査ができるというメリットがあります。

FPVになぜ免許が必要か?

FPVでドローンを飛ばすには、
まず、航空法に基づく承認手続きが必要になります。

そして、FPVで映像を配信する電波の周波数帯によって免許がいる場合があるんです。
免許が必要な周波数帯は、5GHz帯です。

海外からの輸入製品は、5.8GHz帯を映像配信に使用しているモデルが多いのが現状です。

しかし、実際には日本では5.8GHz帯は使用制限周波数帯になっており、
ETCなどで使われている公益性を重視した用途に限って使用が認められています。

つまり、5.8GHz帯を使った映像配信自体は、免許(第4級アマチュア無線従事者+無線局開局)を
もつことで可能であるものの、

”制限あり”免許になるんですね。

総務省に直接確認したところ、5.8GHz帯の屋外での使用は極力避けるようにと
言われました。

つまるところ、現況では5.8GHz帯を使って映像配信をうけるのは、屋内での
ドローンレースに限って考えた方が良さそうです。

が、ハイテックマルチプレックスジャパンを代表するドローンインポーターは
きっちり、電波法上、合法な仕様で飛行できるようにしています。

なので、5.8GHz帯でFPVが可能なモデルについては
販売元に確認してみてください。

必要な免許や手続きについてアドバイスがもらえます!

ただ実際に制約なしに、日本で5GHzとして使えるのが、
5.6GHzおよび一部の5.7GHz帯です。
この周波数帯を使う場合にも、第4級アマチュア無線従事者免許証と
無線局の開局が必要です。

ただ、このふたつのステップを踏むことで、
2016年10月時点では完全合法でFPVをホビー目的で使えます。

そうすると、屋内外問わず、ドローンレースをFPV機能を使ってできるのです。
とはいえ、日本では2.4GHzをつかったFPVでの飛行ができる機種が増えていくことは
明らかです。

なぜなら、2.4GHz帯は出力が小さければ免許がいらないからです。
実際、Phantom3アドバンスド以上のDJI製品のFPV機能は2.4GHz帯なので、
航空法による承認をとるだけでよく、免許は必要ないのです。
(※DJI製品でもPhantom3STDは920MHz帯仕様)

DJI製品のご購入はこちら⇒筆者運営のDJI正規販売店ドローンショップDronePower

以下、2017/2/24加筆
DJI製品は日本での技適も取得しています。
つまり「免許を不要とする技適」です。

ただ、ドローンレースの場合、混信を避けるには、
操縦と、映像配信は違う周波数帯の方がリスクは少ないことは
いうまでもありません。

複数台数が同時に走行する、ラジコンカーサーキットなどでは
2.4GHz帯の送受信システムが出始めの頃
混信によるノーコンがたびたび起きていました。

いまでこそ、メーカーの技術努力によって混信はほとんど
話題にならなくなりました。

しかし、リスクを少しでも低減するなら
複数台数のレースなどは周波数帯を分けた方が
やはり良いのです。

一方で、この5.6GHz帯は業務用バンドも存在していて、
その帯域を使うにはもうひとつの免許が必要になります。

業務用で使うなら第3級陸上特殊無線技士免許

空撮を生業としてドローンを使う場合、
その映像配信を5.7GHz帯(5.6GHz帯という場合もあります)で行うなら

第3級陸上特殊無線技士免許が必要になります。

また送信機の出力が高い場合にも、同様にこの免許が必要になります。
というのも、この5.7GHz帯、2.4GHz帯との相乗効果で
5km以上の長距離映像伝送が可能になるといわれ、
今後、ドローンの性能向上や、長距離運用のニーズが高まってきた場合に
使えるようになっておいた方が、圧倒的に有利になります。

ですので、業務としてドローンを活用したいのであれば、
第3級陸上特殊無線技士は取っておきたい免許といえます。

免許ってどうやればとれるのか!?

では免許は簡単に取れるのかという疑問が出てきます。
そこで調べてみました。

第4級アマチュア無線技士

取得方法は、直接国家試験を受けて免許を受ける方法と
養成講座を受講して取得する方法があります。

以前の記事でも、少し触れていますが、
ハードルはやや養成講座の方が低そうです。

養成課程講習会はJARDで開催されています。
https://www.jard.or.jp/yoseikatei/course/

養成講座費用は22,750円。
安くはないですよね。

国家試験だけなら、諸費用こみこみで7,340円ですから。。
しかし、国家試験直挑戦の合格率は68%程度のようです。

一方、養成講座は、講習と修了試験がセットになっているので、合格率は圧倒的に高く、
      99%。

確実に取りたいなら、こちらをおススメします。
修了試験で合格すれば、あとは免許申請費用と

無線局開局の手続きをとるだけ。

第4級アマチュア無線従事者免許申請費用が 2,100円
無線開局費用が通常は4,300円ですが
電子申請だと2,900円とお得ですね。

第3級陸上特殊無線技士

こちらも国家試験を直接受験する方法と、
養成講座を受ける方法があります。

養成講座の費用は総額25,000円程度

国家資格のみは5,100円プラス
印紙代、免許申請費用。

なので、やはり費用面では直受験の方がリーズナブルです。
国家試験直での合格率は80%超と高いです。

業務用免許ということですでにアマチュア無線等の
免許を持っている方の受験が多いことはあきらかなので、
当然の数字ですね。

しかし、第4級アマチュア無線同様、
確実に取得したいのであれば養成講座をおススメします。

最近は、eラーニングによる養成講座もあり、
費用面でも19,300円程度で受講できます。

修了試験は全国の指定会場で受けることができるので
費用を抑えたい方は、eラーニングの講座をうけるのもありですね。

2016年になってドローンの販売や情報発信をしているわけですが、
そのeラーニングの運営会社から案内が届きました。

前述の費用は、その会社のもの。
パンフレットはこんな感じでした。

p_20161026_181642

運営会社は
株式会社ベータテック
お問い合わせ電話は052-809-0202
メールは3riku@b-tec.jp
HPは http://www.b-tec.jp です。

情報を集めるのは、タダですから
チェックや問い合わせしてみることをおススメします。

会社は名古屋ですが、
eラーニングですし、試験会場は全国にあるので
安心ですね。

まとめ

ドローンを趣味で楽しむにしても、業務として使うにしても
この2つの免許は持っておいて損はありませんね。

ちなみに、いずれの免許もあくまでも「無線従事者」としての免許です。
実際に、ドローンを飛ばすには無線局開局申請が必要になります。

費用も繰り返しになりますが、4,000円~5,000円程度はかかります。
養成講座にしろ、国家試験直受験にしろ
トータルではかなりの出費になるかも知れませんが、
電波法違反で捕まって、罰金なんてことになったら目もあてられませんので、
免許が必要なドローンを持っている方、使う用途がある方は
迷わず取ってくださいね!

ちなみにDJIの日本仕様はすべて2.4GHz帯での
「免許を不要とする技適」を取得しているので
免許はいりません!
DJI製品のご購入は⇒Dronepowerドローン販売ページ

DJI最新ドローンPhantom4Proの詳細記事はこちら

さらにまとめます。

免許取得が必要なケース

1 5GHz帯を使ってドローンを飛ばす場合
 ホビー向けは第4級アマチュア無線従事者免許
業務向けは第3級陸上特殊無線技士免許

2 遠距離飛行をする可能性がある場合⇒電波出力1W以上の場合
 業務向けのみなので、第3級陸上特殊無線技士免許

以下、2017/2/24加筆
実際にドローン使用で無線局開局の許可が下りるのは
最大出力1Wとなっています。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. じょー より:

    DJIのドローンの映像送信は「日本仕様」のみ920MHZになっていたと思います。2.4Ghzは操縦のみです。

    逆に海外に持って行って使うのが違法になる可能性が高い・・・ということですね。
    見た目が同じなのでわからないでしょうけどね。

    1. happy より:

      じょー様

      こちらにもコメントいただきありがとうございます。

      ご指摘のとおり、これまでDJI製品の映像送信は920MHZ帯を使っていました。

      DJIのHPのファントム4Proの紹介ページを見ると
      LightbridgeHDシステムのところで「送信機と同じ周波数で信号を送り」と記載があったもので
      てっきり少なくともファントム4Proでは2.4GHz帯で
      映像配信をしているものと思っていました。

      明日以降、代理店に確認して、記事を分かりやすく修正します。

      ありがとうございます。

    2. happy より:

      じょー 様

      お世話になっております。

      DJIで920MHz帯を使っているのは、
      現行モデルではPhantom3STDのみで
      Phantom3ADV,Proおよび
      Phantom4シリーズは、映像送信にも2.4GHz帯を
      使っていることが確認できました。

      ご指摘いただいたことで
      仕様を再確認できました。

      ありがとうございます。

      1. じょー より:

        早急に正確な情報を有難う御座います。
        技術は進歩していて今は2.4ghzがメインなんですね。勉強になりました。

        1. happy より:

          ありがとうございます。
          今後ともよろしくお願いします。

  2. YAM より:

    質問していいですか?

    SEKIDOさんが販売している「AMIMON CONNEX ProSight HD」なんですがアマ無線のみ使用可能なのでしょうか?業務無線では開局申請できないのでしょうか?。

    1. happy より:

      YAM様

      ご質問ありがとうございます。

      申し訳ございません。
      SEKIDOさんの商品については取り扱いをしていないので
      お答えできかねます。

      大変申し訳ありませんが
      SEKIDOさんに聞いていただけると幸いです。

  3. nyantaro より:

    こんにちは。免許いるのかなって検索してきました。
    2陸特を所持しているのですが映像ではなくコントロールする側の
    飛ばす方で4アマも必要なのでしょうか?

    1. happy より:

      お問い合わせありがとうございます。

      2陸特をお持ちであれば業務用としてドローンを使用するのであれば、無線局の免許を取得すれば大丈夫です。

      申請には、通常の無線局と同様に、申請書と、無線局の開設目的、設置場所、使用する無線機の工事設計などを記載した添付資料が必要です。

      ホビー用であれば、2陸特は使えないのでアマチュア無線4級などの免許を取得し、無線局開局の免許を取得することになります。

      FPVだけでなく飛ばす機体の周波数帯が5GHz帯であれば、無線局開局が必ず必要です。

コメントを残す

*